イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

2月1日(金)から山中湖で2020山中湖 DIAMOND FUJI WEEKSが始まります

2020年更新

2月1日(金)~2月22日(金)の期間 山中湖湖畔は2020山中湖 DIAMOND FUJI WEEKSとなります

絶景の瞬間

 

山中湖ダイヤモンド富士

山中湖ダイヤモンド富士2019

 

山中湖湖畔では、秋と冬に富士山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士が見られます。

2月初旬~2月中旬は、比較的天候が安定しており見られる日が多いので、この期間を「DIAMOND FUJI WEEKS」として、自然界のすばらしいショーをご覧いただけます。

 

ダイヤモンド富士とは、日没時または日の出時に富士山の山頂と太陽が重なる現象のことで、秋から冬にかけて山中湖村で見る事ができます。

重なり合う現象は、ほんの数分しか見ることが出来ないため、全国各所からプロアマ問わず多くのカメラマンが訪れます。


山中湖ファンのカメラマン必需品!

山中湖村での【ダイヤモンド富士】は10月中旬の「パノラマ台」から始まり「花の都公園」までのルートを「冬至」を境に折り返し、2月末の「パノラマ台」までおよそ4か月ほど続きます。

お勧めは比較的天候の安定している12月~2月中旬までの間で、花の都公園~湖畔沿いで見る事が可能です。

特に、2月15日に山中湖交流プラザきららでダイヤモンド富士が見られ、「アイスキャンドルフェスティバル」と合わせてお楽しみいただくことができます。


写真撮影の注意ポイント

観測場所は、駐車場はもちろん観測スペースすらとれない場所もあります。

他の観光客の迷惑となりますので、路上駐車は絶対にお止めください。

時間に余裕をもって行動し、ゆずり合いの気持ちを心がけましょう。

観測場所のまわりの自然をむやみに傷つけないよう気をつけてください。

太陽が沈んだ後は急激に気温が下がりますので防寒対策は必須です。

観測時には、日食用のメガネ等をご利用ください。

観測後には山中湖村にある 2 つの温泉で身体を温めるなんていかがでしょう!

 

引用元 山中湖観光協会 公式ホームページ

 

 

山中湖からの富士山の写真は沢山ありますがその中で一際目を惹くのは「ダイヤモンド富士」の写真ではないでしょうか?

 

ダイヤモンド富士とは富士山山頂に太陽がかかる、僅かな期間だけ見られる現象です。

更に湖面が静かですとダイヤモンド富士が映り込み、ダブルダイヤモンド富士という、まるで奇蹟のような美しい光景になります。

富士宮の田貫湖や本栖の竜神池が朝日なのに対し、こちら山中湖では夕日がダイヤモンド富士となります。

 

その美しさに魅了されたカメラマンたちが湖畔に集まりますが、この期間は晴天率が高くまた空気が澄んでいてダイヤモンド富士が見られる確率が高いので人気の高い期間です。

 

興味を惹かれた方は訪れてみては如何でしょうか。ただ寒いです、凍えるほど寒いですw

富士山が綺麗に見える日はただでさえ晴天で放射冷却起こしている上に陽の沈み込む時間帯なので更に冷え込みがいっそうきつくなります。

十分に温かな格好でお出かけ下さい。

湖畔は場所取りする人で溢れますのでマナーを守って行動してください。路上駐車も気を付けてくださいね。

 

 

山中湖 DIAMOND FUJI WEEKSの基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

山名湖湖畔の駐車場所は以下の記事に載っているので参照してください。

※路上駐車はしないでください。

撮影ポイントはこちらも参考にするといいかもしれません。

外部リンク ダイヤモンド富士特集 – 山中湖観光協会

公式情報

山中湖観光協会

〒401-0502

山梨県南都留郡山中湖村平野506-296

営業時間:9:00~17:30

TEL : 0555-62-3100

外部リンク 山中湖観光協会 公式ホームページ

www.fujirakuizuraku.com