イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

2月3日(月)は節分祭です

2020年更新 

2月3日(月)は節分祭であちこちで豆まきが行われます

鬼は外、福は内!

浅間大社楼門

浅間大社楼門

 

節分は雑節の一つであり春夏秋冬、季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日ことを指しますが、今は日常的には立春の前日のことをいいます。

 

この日は全国各地で節分祭が執り行われていることは、今さら語ることもないでしょう。

元々は中国から伝わった行事で、日本では平安時代から行われている「追儺」の儀式が始まりとされているようです。
追儺とは鬼払いの儀式ですね。

 

季節の変わり目には邪気が生じるとされ、それを追い払うための悪霊ばらいの儀式です。

いまでも節分には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆を撒きますよね、それはこれから来ています。

 

何故、豆まきをするのかといえば、豆は「魔滅」であり、生命力と魔除けの力を持っていると信じられてきたからです。

また年齢の数だけ豆を食べて厄除けを行なったりもしますが、年々食べる数が増えて途中で幾つ食べたか分からなくなったり、面倒くさくて途中で止めてしまったりw

 

最近は節分といえば2月3日ですが、実は日にちは固定されていません。

立春は太陽黄経が315度となる日のことで、太陽暦には実際の天体の運行と誤差があるため時々修正されます。閏年もそうですね。

その為立春も日付に誤差が生じます。

 

ここしばらくは3日で安定していましたが、太陽の周期に合わせると2021年には2月2日が節分になる可能性もあります。

ただ最近の傾向からすると固定したままにしたり、どうせ日にちを移すのならイベントをやりやすい第一日曜にしよう!

などということも起こるやもしれませんw 合理的なんですけど、ちょっと味気なくもありますね。

 

昨年は近所の神社の節分祭の豆まきに行きましたが、たしか土曜日だったためすごい人混みでした。
でも子供の頃を思い出してとても楽しかったです。

あの頃はタモを持っていき撒いている人に直接入れてもらったりもしました(真似しないようにw

 

みんな夢中ですから怪我をしないように気を付けてくださいね。

 

ブログで記事にしている神社仏閣の紹介

 

来宮神社は有名人なんかをゲストに呼んでかなり大きな豆まきを毎年行っていますよ。

三嶋大社も賑わいますね。このほかにもこの地域ですと、身延山久遠寺節分会が賑やかで知名度が高いです。

三嶋大社

午後1時より節分祭、その後豆まき

浅間大社

午後4時頃から豆まき

修禅寺

祈祷13:00のあと豆まき

来宮神社

16:30から豆まき

北口本宮浅間神社

富士山東口本宮 冨士浅間神社

節分祭のあと豆撒き 16:30~

 

などなど。

他の所もやっていると思うのですが、情報を拾えませんでした。

例え拾いきれても膨大すぎるでしょう。

その他各地でも行われていますので最寄りの神社仏閣などでお楽しみ下さい。

ご近所の予定は地元の人の方が詳しいかと思います。何処だろうと楽しいと思いますので足を運んでみてください。