イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

25日に冨士御室浅間神社春の例大祭 河口浅間神社例祭(稚児の舞) 鵜の島神社例大祭が執り行われます

4月25日に河口湖周辺で冨士御室浅間神社春の例大祭(はな祭)と河口浅間神社例祭(稚児の舞)と鵜の島(うのしま)神社例大祭が開催されます

河口浅間神社 稚児の舞

河口浅間神社 稚児の舞

引用元 富士河口湖 総合観光情報サイト

 

冨士御室浅間神社春の例大祭(はな祭)

富士山の周辺では最古といわれる神社で、武田信玄公も崇拝した由緒正しい神社です。

この神社の春のお祭りで春季大祭(はな祭)といわれています。

冨士御室浅間神社の方では長い参道に露店が並び、境内ではご存じ浦安の舞いが奉納されます。

 

冨士御室浅間神社の詳細情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

アクセスの詳細はこちらの記事から確認してください。

www.fujirakuizuraku.com

駐車場は湖畔にあるシッコゴ公園の神社の駐車場を利用してください。

www.fujirakuizuraku.com

公式情報

開催場所 冨士御室浅間神社境内

開催期間 2019 年4 月25 日

問い合わせ先

冨士御室浅間神社

TEL:0555-83-2399

 

河口浅間神社例祭(稚児の舞)

別名「孫見祭り」といわれるお祭りで、県指定無形文化財の「稚児の舞」が奉納されます。
「稚児の舞」は小学校6年生くらいまでの女の子が、神社の神前で笛などの演奏に合わせて数人で踊る、河口地区に伝わる伝統的な舞です。

稚児の舞が奉納され、「メンショー、メンショー」と御輿が繰り出しぶつけ合って競り合ったりもします。

河口浅間神社の詳細情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

アクセスの詳細はこちらの記事から確認してください。

www.fujirakuizuraku.com

公式情報

開催場所 河口浅間神社境内

開催期間 2019 年4 月25 日

 

河口湖うの島例大祭

鵜の島神社は1554年に建立されたとあります。
河口湖の増水被害や、また雨乞いの祈願として水の神、豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)が祭神として祀らており、毎年4月の25日に例祭が執り行われています。

この日はこちらの神社でも稚児の舞いなどの奉納の儀が執り行われています。

河口浅間神社の詳細情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

河口湖大橋を北岸に渡り西に進みますと大石公園があります。
鵜の島にはさらにその先、区立河口湖林間学園の所の湖畔から渡船が出ていますが駐車場がわかりません。

とりあえず手前の大石公園に車を駐めて確認願います。もしくはそのまま大石公園に駐めて渡船場に歩いてください。
湖畔伝いに真っ直ぐは歩けませんので気を付けてくださいね。

公式情報

河口湖鵜の島 

 

河口湖周辺も桜の開花が進んでいよいよ賑やかで春らしくなってきました。

河口湖にある3つの浅間神社でそれぞれ春のお祭りが開催されます。

河口浅間神社、冨士御室浅間神社は世界遺産の構成資産でもありとても有名ですが、鵜の島神社って何?な方もおられるかと思います。

それもそのはずで、こちららは普段はなかなか近寄るのも難しい神社だからです。

鵜の島神社とは河口湖に浮かぶ鵜の島にある神社のことです。
その鵜の島とは大石公園から富士山の写真を撮ったときに、手前に映り込む、河口湖最大の島です。

普段は自分では船でも出すか泳がないとw たどり着けない神社ですが、この例大祭の日に限り渡し船が運航されます。多分今年も無料で運行してくださっていると思います。

渡し船の場所は世田谷区立河口湖林間学園の湖畔の船着き場ですが、その付近には車を駐める場所がないですね。
学園の所の駐車場が開放されていれば良いのですが。

もし行ってみようかという方は、車の場合は特にこちらに直接行かずに大石公園で情報を仕入れて足を運ばれることをお勧めします。


既に桜の花が終わっていても河口湖を訪れた際には廻ってみると面白いかと思いますよ。
またフジザクラの方はまだ見られるかとも想いますので車で移動ならばそちらと一緒でも良いかもしれませんね。

 

まだゴールンウィークには早いですが一足先に楽しんでしまいましょう。