イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

身延山 ダイヤモンド富士観賞会と早朝特別開帳 3月12日~14日

身延山山頂にあります奥之院思親閣において、3月12日(火)~14日(木)にダイヤモンド富士観賞会と早朝特別開帳が行われます

聖地で御来光を

ダイヤモンド富士観賞会

ダイヤモンド富士観賞会

ダイヤモンド富士観賞会を3月12日(火)~14日(木)に行います。

当日は朝6時25分頃の日の出に合わせ、朝の5時からロープウェイの運転を開始いたします。

また身延山山頂にあります奥之院思親閣では早朝特別開帳(日蓮大聖人を拝してお経を受ける儀式)と朝粥会を行います。

お開帳(お経)の後に、奥之院思親閣特製の朝粥を思親閣のお坊さん(別当、職員)と一緒に食べながら、色々な法話を聞いたり悩み相談事を語り合います。

ダイヤモンド富士を観賞された後に是非ご参加してみてはいかがでしょうか。

また、同時にダイヤモンド富士フォトコンテストも開催いたします。

写真に自信のある方は是非ご参加ください。

<早朝特別開帳と朝粥会>

  日 時: 3月12日(火)~14日(木)  7時から1回のみ(40分ほど)

  場 所: 身延山山頂 奥之院

  費 用: お一人 1千円

<ダイヤモンド富士フォトコンテスト>

  期 間: ダイヤモンド富士開催期間中

  場 所: 身延山山頂

  費 用: 無 料

  ※応募方法等の詳細は当日ご案内いたします。

引用元 身延山ロープウェイ

 

中部横断自動車道 新清水JCT~富沢IC、下部温泉早川IC~六郷ICが年3月10日(日)に開通したばかりなことにタイムリーなイベントですよね。

身延は丁度この間にある地域なので、東名方位面からも中高速方面からも以前よりも近くまで高速をつかっていける場所です。

ここ身延山はまあ、大概の人が知っている場所であり、知らなくても話を聞けば、あああそこかと薄ぼんやりと記憶しているかと思われるスポットです。

身延山久遠寺は日蓮聖人が法華経の根本道場と定めた地であり、日蓮宗の総本山として古くから信仰されてきた地です。その為信仰の対象としても聖地として、そしてパワースポットとしても大変人気のある場所です。

その身延山に於いても土地の持つパワーが強いと思われる場所の一つが最奥に位置するこちらの奥之院思親閣です。

奥之院思親閣は本堂などがある場所よりもさらに奥まった山の上にあり、屏風のように連なる山脈の向こうに富士山が望める聖なる場所です。

その地からは一年に二度の期間、富士山山頂から朝日が昇る御来光が拝めるのです。その光景だけでも十分に尊く美しいものですが、この聖地から望む御来光は見る者に更なるパワーを与えてくれるのかもしれませんね。

こちらは登山道も整備されていますが、ロープウェイで簡単に登る事もできます。そのロープウェイが御来光のこの時期限定で時間外の日の出前の時刻に動いてくれるのですね。有り難いことです。

さらに朝粥会なども奥の院でやってくれるようです。朝の冷えこみで凍えた身体に浸みるお粥でしょう。

奥の院は標高はそれ程でもないのに山の上にあるためか、本堂などがある場所よりも一段と寒く感じます。訪れる方はしっかりと防寒してください。

 

本当は初めての方は三門から石段を登る方が風情があって楽しめますが、さすがに朝早いので危ないですね。尚、体力に自信のない方は昼間でもよした方が良いかもしれません。こちらの石段は一段の高さが高くて足を上げるが大変です。

 

身延山の基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

2号線を身延まで行きますとどちらから来ても身延山に曲がる交差点がありますが、標識がありますのですぐに分かるかと思います。
道を折れますと後は道に沿って進むだけです。途中狭い区間もあります、また日本三大門の一つに数えられる三門前を通り過ぎてさらに奥へ山を登りますとそのまま駐車場にたどり着きます。

ロープウェイ乗り場は駐車場からすぐです。

普通車 基本料金(1時間まで)300円 以降30分毎100円

公式情報

駐車場お問い合わせ先

(株)せいしん
〒409-2524 山梨県南巨摩郡身延町身延4252
電話 0556-62-3009  FAX 0556-62-1033

外部リンク 株式会社せいしん|公式

 

身延山ロープウェイ

身延登山鉄道株式会社
〒409-2524
山梨県南巨摩郡身延町身延字上の山4226-2
TEL 0556-62-1081
FAX 0556-62-2882

info@minobusanropeway.co.jp

外部リンク 身延山ロープウェイ|公式