イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

8日(日)に小山町で足柄峠笛まつりが開催されます

9月8日(日)に小山町の足柄峠、足柄城跡で第48回足柄峠笛まつりが行われます

太鼓や笙、踊り、火縄銃、剣舞などの披露

 

足柄峠笛まつり

足柄峠笛まつり

 

平安時代の武将で笙の名手である新羅三郎義光が、東北の戦場に向かう途中足柄峠に宿営した際、笙の秘曲を師匠の息子である豊原時秋に授け、託したとされる故事に由来し、足柄峠を挟む小山町と神奈川県南足柄市が共同で開催しているお祭りです。 平安時代の武将で笙の名手である新羅三郎義光が、東北の戦場に向かう途中足柄峠に宿営した際、笙の秘曲を師匠の息子である豊原時秋に授け、託したとされる故事に由来し、足柄峠を挟む小山町と神奈川県南足柄市が共同で開催しているお祭りです。 
昭和47年に始まり、毎年9月第2日曜日に開催されています。

笛塚供養の式典のほか、太鼓や笙、踊り、火縄銃、剣舞などの披露が行われます。
また、恒例となっている、足柄城址広場の領地を争奪する両市町小学生による綱引き合戦も見ものです。

第48回足柄峠笛まつりを開催しますので、皆さまお誘いあわせのうえお越しください。

日時   令和元年9月8日(日)午前10時30分から午後3時30分  

場所   足柄峠・足柄城跡

プログラム  
 10:30~11:00 笛塚供養
 12:00~15:00 呈茶奉仕(南足柄市茶道連盟)
 10:30~15:30 俳句(みなみ俳句協会・小山町俳句連盟)

 広場・ステージ   11:10~11:30 あいさつ・紹介(南足柄市長、小山町長、来賓紹介)
 11:30~11:55 太鼓(竹之下太鼓保存会)
 11:55~12:20 足柄ばやし(足柄ばやし保存会)
 12:20~12:40 笙(内山雅楽会)
 12:40~12:55 太鼓(大富士公時太鼓保存会)
 12:55~13:10 剣舞(内山剣舞おどり保存会)
 13:10~13:35 弓道(小山高校弓道部) 
 13:35~14:00 火縄銃(小田原北条鉄砲衆保存会)
 14:00~14:15 民踊(小山町民踊愛好会)
 14:15~14:30 ささら踊(足柄ささら踊保存会) 
 14:30~14:45 民踊交歓会(足柄ささら踊保存会・小山町民踊愛好会) 
 14:45~15:15 領地争奪綱引き大会(両市町小学生による綱引き)
 15:15~15:25 福餅まき 
当日は臨時バスが運行しています。
 駿河小山駅発 →  足柄峠着
 9:50 10:20
 10:45 11:15
 12:30 13:00
 13:15 13:45
  足柄峠発  → 駿河小山駅着
 12:15 12:45
 13:45 14:15
 14:45 15:15
 15:45 16:15

 

柄千年古道ハイキングを同時開催します

足柄支所から足柄峠まで小山町のガイドがご案内し、足柄城跡で開催される「足柄峠笛まつり」のステージを南足柄市側からの参加者と一緒にご見学いただきます。

秋晴れの足柄古道を歩き、足柄峠の文化と歴史を感じてみませんか。


・日時 令和元年9月8日(日) 9時15分足柄支所に集合 ※雨天中止

・参加料 おひとり 500円(保険代+ガイド代)

・問合せ・申し込み 8月26日(月)まで 小山町役場商工観光課(0550-76-6114)

 

引用元 小山町 観光情報 絶景の富士山が見られる観光スポット! 金太郎 生誕の地

 

新羅三郎義光って何方ですか?

な方も多いかと思います、私も知らなかったので多いことを願いますw

新羅三郎義光とは一般には源義光で知られ、甲斐源氏の祖にして武田信玄の先祖となる方なのです。

この情報があれば、名前をよく知らずとも、何となくわかった気がしてきますw

 

では何で新羅なのかと言いますと、近江園城寺の新羅明神社前にて元服したことから新羅三郎義光と呼ばれるようになったそうです。

普通に源でいいじゃないか……

 

奥州に遠征していた兄の義家が戦況不利となり、それを助けるために義光は援軍として馳せ参じます。
ただその戦において己の死を意識していたようです。

その道すがら義光は足柄峠を通りかかりました。
己の死により笙の秘曲『大食調入詞』が絶えることを危惧していた義光は、この地で豊原時秋に笙の秘曲『大食調入詞』を授けたのです。時秋は伝授された秘曲と共に京に戻りました。

豊原時秋というのは義光の笙の師である時元の子でありましたが、幼くして父と死別してしまい、秘曲を授けられていなかったのです。こうして笙の秘曲『大食調入詞』は義光を介して親から子へ受け継がれたのでした。

 

ちなみにこちらの豊原時秋の後子孫はその後も笙の家系として代々受け継がれて現代においても宮内庁に勤めていたりしているようですね。

 

1000年前の歴史物語が現代とも繋がっているというのは壮大なロマンを感じます。
しかも秘曲『大食調入詞』はYouTubeで検索すれば今でも聞くことができます。
平安時代の人たちが聞いていた音色と同じ音色を今でも聞くことができるのです、凄いですね。

 

まさに時空を超えた、て、それは「そうかえん」のフレーズw
※こちらも凄く気になりましたがやっぱり気に入った人が多かったようです。

 

ともかく、なかなか興味深いお話ですし、お祭りでは火縄銃などもあるようでなかなか面白そうです。

 

 

足柄峠笛まつりの駐車場などの基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

わかり難いかもしれませんがJR御殿場線足柄駅を起点にします。

駅前ロータリの交差点を駅から逆方向にまっすぐに進みます。
最初の信号機、足柄駅入口交差点を右折。
曲がってすぐに小山市街の標識に従って149号を左折。

しばらく道なりに進み、道はクランク状に曲がりながら踏切を渡ります。

その先に少し広い丁字路があり、金時山・足柄峠の標識に従い右折。
東名富士カントリークラブの看板が見付けやすいです。

後は道なりに山に入ります。ひたすら山道を登って行きますと足柄城址に辿り着けます。

 

無料の駐車場があるようです。
もともと大きな駐車場はないので現地で係員の指示に従ってください。


駿河小山駅から臨時バスも運行されるようですね。

 

公式情報 

問合せ先

足柄峠笛まつり実行委員会(小山町役場商工観光課)

電話:0550-76-6114 

外部リンク 小山町 観光情報 絶景の富士山が見られる観光スポット! 金太郎 生誕の地