イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

18日(土)19日(日)に伊東で伊東祐親まつりが行われます

5月18日(土)、19日(日)に伊東で伊東祐親まつりが開催されますよ

2019.5.15更新

伊東祐親は物語を残す人物

東祐親まつり1

東祐親まつり1

東祐親まつり2

東祐親まつり2

日時:5月18日(土)・19日(日)

会場:松川水上特設舞台(雨天の場合:伊東市観光会館)

伊東一円を統一し、伊東の治水や文化発展に尽くした伊東祐親を顕彰するお祭りです。

松川に水上特設能舞台がつくられ、川面にゆらゆらと灯火が揺れ映る幻想的な雰囲気のなか「薪能」などがおこなわれます。


湯の街・伊東を象徴する「東海館」を背景に、舞台と客席を川中に浮かべ、かがり火のもとで演じられる薪能は、全国でも大変めずらしい水上能舞台です。

野村萬斎(狂言・樋の酒)や加藤眞悟・古室知也(能・小袖曽我)などの一流演者による幻想的な世界を心ゆくまでご堪能ください。

引用元 第44回 伊東祐親まつり | 伊東観光協会オフィシャルサイト

 

 

以前にチケットの販売をお知らせした伊東祐親まつりの開催ですね。

メインの水上能舞台はもちろんのこと、藤の広場でも様々なイベントが開催され盛り上がります。
街中を練り歩く武者行列もありますので興味の湧いた方は覗いてみてはいかがでしょうか。

 

海沿いに無料の駐車場も用意されるようなのでそちらも確認してみてください。

 

パンフ1.pdf

パンフ2.pdf

 

第44回「伊東祐親まつり」は5月18日(土)19日(日)の二日間に渡って開催されます

イベント案内

第44回伊東祐親まつり

第44回伊東祐親まつり

18日の薪能の演目と演者は

狂言「樋の酒」野村萬斎

能「小袖曽我」加藤眞悟・古室知也

となっております。

SS指定席…演者のお話と軽食つき/桟敷席指定 ¥9500

S自由席…¥6000
A自由席…¥5000
B自由席…¥3500

チケットの購入につきまして
ただいまご予約を受け付けております。

①お名前 ②郵便番号 ③ご住所 ④連絡先電話番号 ⑤ご購入される券の種類と枚数

以上を明記のうえ、info@ito-hozonkai.org までメールください。

鑑賞券代のお支払いをもって確定となります。
ご予約券のお支払期間は3月1日より8日まで。
期間内にお支払いの無い場合はキャンセルとさせていただきます。ご了承ください。
お支払方法はゆうちょ銀行への振込みです。

※3月1日より、鑑賞券発売は随時承ります。

※座席に限りがありますので、ご希望に添えない可能性があります。


また、19日の奉納舞台、夢舞台、両日にわたる広場舞台でも
様々な団体の、それぞれ趣向を凝らした演目が披露されます。
夢舞台の鑑賞券(全席自由・¥1000)も同様に承っております。
是非ご利用ください。

引用元 東市文化財史蹟保存会|公式

 

伊東祐親(いとう すけちか)は、平安時代末期のここ地元の伊東を支配していた平家方豪族です。平清盛からの信頼も篤く伊豆に配流された源頼朝の監視を任されもした人物です。

伊東祐親は若き日の頼朝を預かっていたわけですが、娘の八重姫が頼朝と通じ千鶴丸を出産してしまうと、平家の怒りを恐れた祐親は千鶴丸を松川に沈めて殺害、さらに頼朝自身の殺害を図っりましたがしくじります。これが原因なのか、祐親はこの前後の頃に出家しています。

因みに鎮められた千鶴丸が引き上げられたのがこちら、宇根と産衣石の場所となり、記憶に残されています。

 

また嫡男問題で領土を奪い返すために相手の死後にその息子を殺していますが、これが元で後の「曾我兄弟の仇討ち」が起こります。

頼朝が勢力を付けると、富士川の決戦後に捕縛されますが、命を赦されるもそれを潔しとせず「以前の行いを恥じる」とだけ残し自害してしまいます。

これだけ書いていますとまるで悪党のような気もしますが、これは勝った者が後世に残した記録であり、真実の一面を現しているだけなのかもしれません。

現にこうして、彼の治めた伊東の地では今でもかの者のことを想い、祭りとして伝えています。伊東の人々にとってはとても大切な人物なようです。

それにしても今年の狂言は野村萬斎なんですね、人気がありそうです。
水上能舞台はここにしかないのものですし、興味が湧いたのなら観てみては如何でしょうか。

 

駐車場などの基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

135号沿い、オレンジビーチ先の「なぎさ公園駐車場」が分かり易いのでお勧めです。
また、その先の橋を越えて次の信号機を右折します。
道なり進んで一つ目の信号機を右折。
そのまま進みますと右側に「伊東市大川橋駐車場」があります。こちらの方が若干近いですね。

駐車料金  どちらも最初の1時間 150円 30分ごとに50円

公式では他にもあるようなのでそちらも見てみてもいいかもしれません。

公式情報

NPO法人・伊東市文化財史蹟保存会事務局
住所 〒414-0038 伊東市広野4-4-19
電話番号 0557-36-7726
E-mail info@ito-hozonkai.org 

東市文化財史蹟保存会|公式

 

こちらも好いですよ。