イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

27日(土)28日(日)にキラメッセぬまづで春のみどりまつり開催予定

2024年更新中

沼津のキラメッセぬまづで4月27日(土)28日(日)に第98回 春のみどりまつり開催予定

地域緑化の推進

 

 

沼津第98回 みどりまつり2024

沼津第98回 みどりまつり2024

沼津第98回 みどりまつり2024.2

沼津第98回 みどりまつり2024.2


第98回 みどりまつりを開催します

市内最大の園芸市である、花と緑の祭典「みどりまつり」を開催します。
第98回を迎える今回は、前回好評であった会場面積の倍増を継続し、さらに出店者数や企画内容も充実させて盛大に開催します。子供から大人まで楽しめる内容となっておりますので、ぜひご家族やご友人をお誘いあわせの上、ご来場ください。

 


開催日時
1日目:令和6年4月27日(土曜日) 10時~16時
2日目:令和6年4月28日(日曜日) 10時~15時

 

開催場所
キラメッセぬまづ多目的ホール2、3(プラサヴェルデ内 沼津市大手町1-1-4)

 

主な内容

特別教室「こども苔テラリウム体験」

近年人気の苔テラリウムをお子様が体験できる機会として、専門店「苔工房アイモス」様を講師にお招きし、中学生以下を対象に事前抽選にて開催します。

講師
苔工房アイモス
回数
全4回
27日 【1】10時30分~【2】12時30分~【3】14時30分~
28日 【4】10時30分~
※各1時間程度
定員
各12名(全48名)
対象
中学生以下
申込
専用フォーム(外部リンク)
または「住所・氏名・年齢(学年)・電話番号・希望の部(①~④)」を記載して往復はがきで
宛先:410-8601 沼津市役所緑地公園課
申込期限
令和6年4月23日(火曜日)


キャンプ用「薪」のプレゼント
沼津市西浦にある「市民の森キャンプ場」内の広葉樹等を間伐して作ったキャンプ用の「薪」を、事前抽選にて100名様に配布します。

内容
キャンプ用の薪 100束
対象
自分で使う方で、当日ご来場いただける方 
引渡し
みどりまつり会場内
申込
専用フォーム(外部リンク)
または「住所・氏名・電話番号・“薪のプレゼント”」を記載して郵送
宛先:410-8601 沼津市役所緑地公園課
※広報ぬまづ4月15日号にも詳細を記載予定
申込期限
令和6年4月23日(火曜日)


花や緑のワークショップ(一部事前予約制)

ドライフラワーのハーフリースづくり、ハーバリウムづくり、フラワーアレンジメントなど、各種開催します。
事前予約制となっておりますので、記載の連絡先まで予約をお願いします。

時間割・予約連絡先はこちら(PDF:476KB)


盆栽・生花の展示

丹精込められた「盆栽」「生花」が展示されます。


各種販売

「花と緑の即売」として、花苗、鉢花、花雑貨、盆栽、多肉植物等を販売します。
また、特産品等が集まる「フードマーケット」、キッチンカー等が揃う「屋外キッチン」も出店します。


お楽しみ抽選会

500円ごと購入で貰える抽選補助券を4枚集めると、豪華景品が当たる抽選会に参加できます。
※ 抽選補助券2枚の場合は粗品を進呈します。


はたらくくるま

実際に花や緑の現場で働く車を展示します。


わくわくスタンプラリー

広い会場のどこかに隠されたスタンプを探します。クリアした人には景品があります(小学生以下、先着順)


堆肥の無料配布(両日11時~)

富士通(株)沼津工場様寄贈の堆肥を無料配布します。


緑のオークション(2日目12時~)

花や苗木などのせり売りを行います。


緑の相談所

緑の専門家が、庭木のお手入れや病害虫など緑に関するお悩み相談にお答えします。

 

会場アクセス
沼津駅北口徒歩5分
会場隣接駐車場あり(有料、来場者は半額減免)

 

入場料
入場は無料です。

 

お問い合わせ
沼津市緑化推進実行委員会事務局(緑地公園課内)
〒410-8601 沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4795
ファクス:055-934-2310
メールアドレス:ryokuti@city.numazu.lg.jp

引用元 静岡県沼津市公式ホームページ

 

また元のキラメッセぬまづに会場が戻りました。

沼津御用邸記念公園での開催は新型コロナ対策としての屋外開催だったのでしょうか?

 

今年は沼津市制100周年と言うこと記念樹木の配布もあるようです。松の木などをもらえるようですね。

ただ松は大きくなりますし手入れの手間がかなりかかりますので……

それでも沼津市民なら庭に近習があるのは何だか楽しそう。数十年後にあの時貰った記念樹かと思い返すのは感慨深そうです。

もっと現実的には堆肥の無料配布もありますし、植物育ている方なら楽しそうです。

ただ植物が好きな人は余計な買い物をしてしまいそうですw

 

 

※ここから過去

一応今年は開催予定で進んでいるようです。

ただ会場がこれまでのキラメッセぬまづから沼津御用邸記念公園に変更となっているようです、気をつけてくださいね。

 

やはり室内よりも屋外の方が感染対策になるとの配慮なのでしょうか? 

園芸関連が主なので外の方が気持ちよさそうで良いのですが、ただ今週末もまた雨の確率が高いのが気がかりです。

三月後半から雨の日が多くて最近は梅雨のような陽気が続いていてうんざりします。この季節、新緑や花を楽しみたいのにもったいないです。

ただ植物の植え替えなどはやりやすいので悪い事ばかりでもないか……

 

※ここから過去

新緑の季節になってきましたね。一年で一番好きな時期です。

こちらのイベントは緑化意識を向上目的で沼津が開いているイベントですが、植物はもちろんですがそれ以外にも屋台などもでていてお祭り気分で大人から子供まで楽しめるのがポイントです。

庭のある方は何か新しい苗木や花を探してみるのも楽しいですし、これから庭を造りたい方もどんな植物があり育成や強さなども知ることができて参考になるのではないかと思います。

梅雨も控え、植え替えなどにも良い季節も迫っているのでこの機会に新たな苗木を手に入れたいものですね。

 

プラサヴェルデ(キラメッセぬまづ)の駐車場などの基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

会場のプラサヴェルデ(キラメッセぬまづ)は沼津駅の北側に位置します。


24時間立体有料駐車場

446台(うち車いす対応10台)

利用料金


プラサヴェルデの利用者(駐車場のみの利用を除く)

 8時~23時 30分50円

 23時~8時 60分50円


上記以外の利用者

 8時~23時 30分100円

 23時~8時 60分100円

1日(24時間) 最大1,000円

公式情報

お問い合わせ

沼津市緑化推進実行委員会事務局(緑地公園課内)

〒410-8601 沼津市御幸町16-1

電話:055-934-4795

ファクス:055-934-2310

メールアドレス:ryokuti@city.numazu.lg.jp

外部リンク 第97回 春のみどりまつり/沼津市

外部リンク 静岡県総合コンベンション施設 プラサ ヴェルデ

 

 

 

※2022情報

沼津御用邸記念公園の駐車場などの基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

東名沼津ICを降りたら沼津市が一方向へまっすぐ降りてください。
途中で道が突き当たりますが、信号機を右折し414号を沼津市街地、伊豆の国市方面へ進みます。
そのまましばらく進みますと途中の交差点414号は左折するので、道なりに左に折れて沼津市街地の方へ。

後はひたすら道なりに走って行きますと道が細くなり古い感じの町並みになると御用邸入り口の信号機がありますのでそこを右折します。

突き当たりが正門で道なりに右に進むと駐車場です。

現在は普通車は無料で駐められるようです。

 

沼津御用邸記念公園

開園時間 9:00~16:30


入園料

入園のみ 大人100円 小中学生50円(幼児は無料です)

観覧料込 大人410円 小中学生200円(幼児は無料です)

 

団体料金(30名さま以上)

入園のみ 大人60円 小中学生30円(幼児は無料です)

観覧料込 大人260円 小中学生130円(幼児は無料です)

※観覧料をお支払いいただくと西附属邸の中を見学できます。


駐車場

普通車 無料

バス・マイクロバス 1,040円/台

 

〔沼津御用邸記念公園管理棟〕

〒410-0822 静岡県沼津市下香貫島郷2802-1

TEL.055-931-0005 FAX.055-933-3614

【東附属邸】TEL/FAX.055-931-2233

外部リンク 沼津御用邸記念公園 公式サイト

 

沼津のキラメッセぬまづで5月5日に変更予定だった春のみどりまつりは開催中止に

※2021年情報

 

公式に開催中止の発表がでています。

本来は4月に開催されるイベントですが、今年は感染拡大の状況を鑑みたのか、遅らせてゴールデンウィークに持ってきていました。出展者の募集も行っていましたが、3月に入って結局開催中止の発表が出ました。

 

首都圏の感染拡大が続く中での緊急事態宣言の再延長から感染者数の下げ止まりにより状況的に芳しくないと判断したのでしょうか。

でもその判断は正しかったようです。

結局、一部とはいえ緊急事態宣言が出てしまいましたのでこのゴールデンウィークもイベントの中止が相次ぐでしょう。

 

静岡県東部地区は首都圏と隣接している上に観光業が盛んなので結構ピリピリしています。

どちらを選んでも損をする人が出てくるわけで、常に経済か命の選択を迫られます。

そしてどちらを選んでも反対側から恨まれる、政府をはじめ方針を決める人たちは割に合わないことをしなければなりません。それでも決めなければ先に進めないので仕方ありません。

変異ウイルスの拡大もありますし慎重に越したことはないのでしょう。

締めるときは締めなければならないと思いますし、やるべきことはやった方が良いです。

ただその先が「オリンピックを見据えて」と言われるとちょっと焦点がずれてしまう気がします。

選手の皆さんのことを思えばとても中止だとはいえませんが、それでももっと大局的な視点を持って決定してほしいです。