イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

24日に西伊豆で堂ヶ島トンボロ開きが行われます

3月24日(日)に西伊豆の堂ヶ島で三四郎島のトンボロ開きが開催されます

堂ヶ島瀬浜海岸と三四郎島がトンボロ現象で繋がります

堂ヶ島トンボロ開き

堂ヶ島トンボロ開き

堂ヶ島トンボロ開き堂ヶ島トンボロ開き

プログラム
11:30 受付け
12:00 海岸清掃(※清掃後、[おしるこの無料サービス])
12:45 トンボロ開き開会
・トンボロウォーキング
・宝探し
・ネイチャーガイドによる海の生物探検
14:00 トンボロ開き閉会(※閉会後、[うまい棒のつかみ取り])

開催情報
開催日 2019年3月24日(日)
開催時間 12時00分~14時00分
開催場所 静岡県賀茂郡西伊豆町 [堂ヶ島瀬浜海岸]
駐車場 あり(約240台)

特典: ①記念品のプレゼント(参加者全員)
②お得な割引券、入場券のプレゼント(ご希望者へ)
【半額割引券】青の洞窟めぐり遊覧船
【半額割引券】日帰り温泉(海辺のかくれ湯清流、堂ヶ島温泉ホテル)
【無料入場券】加山雄三ミュージアム

備考 小雨決行
問い合わせ先 西伊豆町商工会(0558-52-0270)
開催場所 静岡県賀茂郡西伊豆町 [堂ヶ島瀬浜海岸]

引用元 西伊豆観光ガイド

 

こちらのトンボロはいわずと知れた西伊豆を代表する景色の一つですね。
伊豆ジオサイトにも指定されている堂ヶ島、三四郎島で見られる自然の産み出した脅威のエンターテイメントです。

トンボロ現象とは沖合の島と海岸が干潮時に砂州で一時的繋がる現象のことです。

堂ヶ島では沖合約200メートルにある三四郎島との間に干潮時に長さ250メートル、30メートルほどの砂州が現れます。

状況にも寄りますが、現れている時間は2、3時間ほどはありますので沖にある三四郎島まで歩いて渡ることができます。

通常は三四郎島と呼んでいますが実はこちらは象島(伝兵衛島)、中ノ島、沖ノ瀬島、高島からなっています。

一番手前の象島(伝兵衛島)までは歩いて15分ほどでしょうか。とりあえず渡るときは自分がどのくらい時間がかかったか確認しながら渡ってください。帰りの都合もありますから。
後必ず干潮時間を事前に確認してから渡ること。

でも今回はイベントでみんなでトンボロを渡りますから個人で心配する必要はないですね。
トンボロを渡った先でもイベントなども開催されるようで楽しそうです。


こちらを楽しむためにはマリンシューズなどは必須です。
靴は濡れる可能性がありますし、サンダルですと石が多いので足を痛める危険があります。足許には注意が必要です。

 

堂ヶ島トンボロ開きの駐車場などの基本情報

地図
近隣からのアクセスと駐車場

会場の堂ヶ島瀬浜海岸は、136号沿いの堂ヶ島温泉ホテル脇にある道路脇の駐車場のところから歩いて降りていきます。

イベントでは駐車場は旧らんの里堂ヶ島の駐車場が指定されています。

136号沿い、堂ヶ島観光船乗場の向かいに加山雄三ミュージアムがあり、そこに信号機がありますので脇道に入ってそのまま奥に進みますと広い駐車場があります。

駐車料金 無料

公式情報

問い合わせ先 西伊豆町商工会(0558-52-0270)

外部リンク 西伊豆観光ガイド|公式