イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

20日(金)から下田の爪木崎で水仙まつりが始まります

2019年12月20日(金)~2020年1月31日(金)の期間 下田の爪木崎で第54回水仙まつりが開催されます

300万本の水仙

 

水仙まつり

水仙まつり

第54回水仙まつり

2019年12月20日(金)~2020年1月31日(金)

300万本のざわめき 香りの絶景みさき水仙

 

須崎半島の景勝地「爪木崎」には野水仙の群落地があり、ピーク時には300万本もの水仙が甘い香りを漂わせ、ひと足早い春の訪れを感じることができます。

例年の最盛期は1月。その期間に合わせて水仙まつりが開催されます。期間中は楽しいイベントも計画され、多くの来園者でにぎわいます。

同じ園内でも満開の場所あり、遅咲きで3分咲きの場所ありといった具合で足並みそろった開花ではない分、長期間楽しんでいただけるのも魅力です。

 

12月20日(金) 10:00〜 オープニングイベント

●テープカット
●池之段煮味噌鍋サービス(先着200名様)
●金目鯛の握り寿司(先着100名)

 

●ペンギンパレード(下田海中水族館)
1月5日(日) 10:00〜 ●下田太鼓の実演 ●池之段煮味噌鍋サービス(先着200名様)
1月12日(日) 10:00〜 ●下田太鼓の実演 ●池之段煮味噌鍋サービス(先着200名様)
1月19日(日) 10:00〜 ●下田太鼓の実演 ●池之段煮味噌鍋サービス(先着200名様)

 

期間中毎日 9:00〜12:00 甘酒サービス
(下田温泉旅館協同組合と下賀茂旅館協同組合加盟の宿泊施設にご宿泊のお客様対象)

 

池之段煮味噌鍋(いけんだにみそなべ)とは爪木崎の池之段(地元の人は「いけんだ」と呼びます)に伝わる、いわゆる郷土料理です。

爪木崎の浜で漁師たちが朝早く獲った磯の魚や貝を豪快に鍋に投入!ワカメや野菜と一緒に煮立て、自家製の味噌で味付けした素朴な漁師鍋。穫れたての魚介を煮込んだ一杯が、体を芯から温めてくれます。

 

青空市毎日開催!

地元須崎区の地場産品が買い物できます。

※天候によっては開催しません

引用元 伊豆下田観光ガイド-伊豆下田観光協会公式サイト-

 

 

爪木崎の水仙は有名ですね。
イベントも第54回と半世紀以上続いているのですね、なにげ凄いです。


水仙は春先の寒い時期に開花するので季節を考えるとこの時期に花を愛でられる貴重な花です。
しかしその反面、なかなか丈夫で繁殖力に富みますので注意してみると普段からそこかしこで目にする機会の多い花で珍しいものではありません。


そんな見慣れた水仙なのですが、こちらの爪木崎ではひと味違う光景が望めます。
海岸に沿う斜面一面に水仙の花が見られるのです。

それなりの広さがある斜面に白い水仙の花で埋め尽くされている光景は綺麗です。
まだ気温も低く風も冷たいこの季節に、まるでここだけ春が訪れているような錯覚に陥りそうです。

まぁ、爪木崎のこちら側はわりと北風も少ないせいか陽があるとぽかぽかと暖かだったりしますね。


冬の時期ですから基本的に空気は澄んでいて空は綺麗なことも多いですし、水平線も沖の伊豆諸島や御子神島もよく見えますので見晴らしも素晴らしいです。
ただし岬の上の方は風が抜けて寒かったりしますけどねw

水仙が咲き乱れている側と反対側の海辺には伊豆ジオサイトの俵磯もあります。
こちらも面白い地形で一見の価値はあるのでできれば一緒に楽しむといいかもしれませんよ。

他にもアロエの花が咲いていますし、温室もあってそれなりに楽しめる観光地だと思います。

 

フォトコンテストも面白そうですし、
サービスの池之段煮味噌鍋も美味しそうです、気になりますね。

 

www.fujirakuizuraku.com

 

爪木崎の駐車場などの基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

135号の下田湾の東側、下田聚楽ホテルの所の柿崎の交差点を須崎、爪木崎方面へ曲がります。

しばらく道なりに走りますと海沿いから離れてそのうち爪木崎入り口の丁字路がありますので、そこの信号機から左折します。

後は道なりに進みますと突き当たりが有料駐車場です。

駐車場 普通車200台 1回500円
    二輪車    1回100円


少し手前に無料の爪木崎自然公園無料駐車場もあります。
歩きたい人はそちらに駐めるのもいいかもしれませんよ。


他の移動手段は公式に情報があるので確認してください。

公式情報

一般社団法人 下田市観光協会

〒415-8505 静岡県下田市外ヶ岡 1-1

TEL.0558-22-1531 FAX.0558-22-1533

外部リンク 伊豆下田観光ガイド-伊豆下田観光協会公式サイト-

 

www.fujirakuizuraku.com