イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

○崎 春のパンまつ、じゃなくてw 韮山パン祖のパン祭開催!!

1月19日の土曜日から1月20日の日曜日の二日間、伊豆の国市韮山文化センター韮山時代劇場にて第13回パン祖のパン祭が開催されます

 

イベント案内 

第13回パン祖のパン祭

第13回パン祖のパン祭

江戸時代に日本で初めてパンを作ったとされる『パン祖』こと江川坦庵(たんなん)公。坦庵公の功績をたたえるために始まったパン祖のパン祭は、おかげさまで今回第13回目を迎えることになりました。

平成28年9月には、“パン祖”こと江川太郎左衛門英龍の功績を地域住民の方に伝えるとともに、全国の高校生を中心とした活気あるパン文化を創り出している点が高く評価され、サントリー地域文化賞を受賞しました!

今回も全国高校生パンコンテストや、ステージイベント、当日参加できる各種イベント、パン抽選・販売会…など、楽しい内容が盛りだくさんです!

1月19日(土曜日)、1月20日(日曜日)会場:日だまり広場

アクセス:伊豆箱根鉄道駿豆線韮山駅下車徒歩5分
駐車場に限りがありますので、公共交通機関のご利用をお願いします

引用元 伊豆の国市/第13回パン祖のパン祭開催のお知らせ

 

 

パンの祖とは何ぞや、という方も多いかとも思います。
日本の歴史にパンが現れたのはポルトガルとの南蛮貿易の時であり、パンという言葉自体もポルトガル語のpaoが語源となっているようです。

しかし日本では元々、米が主食であった上に、キリスト教の排斥になどの影響もあって広がることなく廃れてしまいました。

それから時代は下がり江戸時代末期、江川英龍(えがわひでたつ)がパンの兵糧としての優位性に気付いて開発を促しました。
それこそが日本におけるパンの始まりとなりました。そしてその生みの親である江川英龍はパンの祖と呼ばれるようになり、ここ江川英龍が生まれ育ち、代官として収め、パンを産み出した韮山という土地でお祭りが行われるようになりました。

色々なイベントが執り行われるようですが、全国の有名店も出品するという販売会は興味を惹きますね。

江川英龍(えがわひでたつ)をもう少し知りたい方はこちらの記事も参考してみてください。

 

www.fujirakuizuraku.com

 

基本情報

地図

 

アクセスと駐車場

伊豆箱根鉄道駿豆線 韮山駅すぐ東

無料駐車場有り 150台

開催日時と会場

平成31年1月19日(土曜日)~1月20日(日曜日)
各日10時00分~14時30分(19日(土曜日)は9時40分からオープニングセレモニーを開催

伊豆の国市韮山文化センター韮山時代劇場(伊豆の国市四日町772)

外部リンク

伊豆の国市/第13回パン祖のパン祭開催のお知らせ|公式サイト