イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

12月1日(土)から富士本栖湖リゾートでWダイヤモンド富士を見ることができます

12月1日(土)~12月9日(日)、12月27日(木)~2019年1月10日(木)の期間、富士本栖湖リゾートでWダイヤモンド富士を見ることができます

初日の出もWダイヤモンド富士

 

富士本栖湖リゾートでWダイヤモンド富士

富士本栖湖リゾートでWダイヤモンド富士

富士本栖湖リゾートでWダイヤモンド富士 早見表

富士本栖湖リゾートでWダイヤモンド富士 早見表

 

春に開催される富士芝桜祭りで有名な富士本栖湖リゾートで、冬はダイヤモンド富士が見られます。

気象条件によっては、ダイヤモンド富士が湖面に写る珍しい現象「ダブルダイヤモンド富士」を見る事もできます。


イベント開催情報

開催期間

2019 年11 月30 日 ~2019 年12 月8 日 まで


その他開催期間

2019 年12 月27 日 ~2020 年1 月13 日 まで


開催時間

7 時00 分~8 時00 分まで

 

利用料金等

入館・入場料:*お一人様:大人 1,000円 小学生 500円

*団体割引(10名以上):大人 870円 小学生 410円 

 

引用元 富士河口湖 総合観光情報サイト

 

 

こちらも随分と有名になりましたよね。
この数年、元日の朝にここからの生中継が放送されているおかげで全国的に知名度が上がっています。


もともとこちらの方角からの元日のダイヤモンド富士は背後の竜ヶ岳の山頂付近から見られることで知る人は知っていました。
ただ、それなり山に入りますし素人には敬遠されがちな場所でもあります。

それが麓でダブルダイヤモンド富士としてパワーアップして楽しめるようになったわけです。

初日の出にここでダブルダイヤモンド富士を見られるのは、かなりおめでたい気分にさせてくれるでしょう。


でも写真撮影に重点を置くならやはり太陽の位置がより大切ですし、何より元日では人多すぎてまともに撮影できない可能性が高そうです。

さらに1月に入ると冷え込みがきつくて湖面が凍結したりするので池に上手く映らなくなる可能性もあります。時期を見つつ足を足を運ぶ必要がありますね。


そういえばダブルダイヤモンド富士の元祖は田貫湖なのかな?
うちには数十年前に撮影された写真があります。

山中湖も有名ですし知名度も高いですが、何となく朝日の方が御利益が高いような気がw

それにしてもこちらの龍神池は昔からあったのかな?
芝桜が始まるまでこの辺りがどうなっていたのかよく知らないので何ともいえなのですが、芝桜を始めるときに一緒に造成たとすると、なかなか憎い演出ですね。

完全に仕掛けた富士本栖湖リゾートの思惑通りということなのかもしれませんが、それでもこれはこれで良い物です。むしろこのような景色を作ってくれたことに感謝しますね。


で、自分は行くかといえば……

朝霧の朝はめっちゃくちゃ寒いですから! 察してくださいw

 

 

富士本栖湖リゾートの駐車場などの基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

139号を静岡県側からですと道の駅朝霧高原 を通過して県境を越えてまもなく、
左側に駐車場の入り口があります。

 

駐車料金は無料

公式情報

問い合わせ先

富士本栖湖リゾート

℡ 0555-89-2127

外部リンク 富士河口湖 総合観光情報サイト

www.fujirakuizuraku.com