イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

6日(土)に国立遺伝学研究所の一般公開が行われます

4月6日(土)に三島の国立遺伝学研究所で一般公開が開催されます

いろいろな桜

国立遺伝学研究所 一般公開

国立遺伝学研究所 一般公開

 

開催日 2019年4月6日(土)9:00~16:00
国立遺伝学研究所では、毎年桜の季節にあわせ、構内を一般の皆様に開放し、日頃の研究成果を公開しております。また、構内に咲く様々な種類の桜も楽しんでいただいております。
-「遺伝学」を体験しよう-
遺伝研の研究に触れることのできる、年に一度の特別な日。実験に使う生物や、細胞、最先端のゲノム研究を、研究者が紹介します。
・生命を形づくる分子・細胞
・遺伝学の研究で活躍する生き物
・動物の行動と脳
・遺伝研の野生イネ
・ゲノム情報が語る生命の進化

講演会
11:00~12:00 准教授 川本祥子 「生き物の情報をどう伝えるか」
13:30~14:30 教授  荒木弘之 「遺伝情報をコピーするしくみ」

スタンプラリー
研究展示会場をまわってスタンプを集めよう!台紙は総合案内で配布します。

ご来場の皆様へ
動きやすい靴や服装でお越しください。
急病人・落し物については、総合案内またはお近くの職員にお申し付けください。

展示品等には、一部を除き手を触れないようにお願いします。
車椅子等をご使用になる場合には、係員までお申し付けください。
研究施設のため、所内へのペットを連れてのご入場はご遠慮ください。
自転車は総合案内所付近へ置いてご見学ください。
所内や近隣でお弁当などの飲食の販売はございません。
ゴミは各自でお持ち帰りくださいますようご協力をお願いします。
当日は三島駅北口から国立遺伝学研究所直行のシャトルバス(無料)を運行します。
所内に一般見学者用の駐車場はありませんので、三島駅周辺などの駐車場をご利用ください。
勧誘・迷惑行為を固く禁じます。
当日の様子は記録のために写真撮影致します。
撮影した画像は、広報活動の一環としてウェブサイトや広報誌に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
イベントの内容・スケジュールは変更になる場合があります。

 

 

遺伝研のさくら
なぜ遺伝研に桜があるの?竹中 要 博士
遺伝研の桜は、1950年頃植物遺伝学者の竹中要博士が、研究と品種保存を目的に桜を収集・植樹したことに由来します。 博士の10年以上にわたる研究の結果、ソメイヨシノの起源が明らかになりました。当時の遺伝学は主に交配と観察によって行われていたため長い年月が必要だったのです。
この結論は、コンピューターを使用したゲノム分析技術によって遺伝子レベルでも正しいことが証明されています。 遺伝研には現在桜の研究者はいませんが、研究者の情熱が遺伝研の桜となって、私たちを楽しませてくれています。

ご存知ですか?ソメイヨシノが一斉に咲く理由
ソメイヨシノは、挿し木や接ぎ木でしか増やせないため、どの木も遺伝的に同じ性質を持ったクローンとなります。そのため、気象条件が同じ地域では、一斉に開花するのです。
ソメイヨシノが挿し木や接ぎ木でしか増やせないのは自家不和合性があるためです。 自家不和合性とは、S遺伝子型がオス(花粉)とメス(雌しべ)で全く同じ組み合わせの場合、受粉しても受精に至らず、種子が実らない現象です。 クローン同士だとS遺伝子も全く同じなので、ソメイヨシノの種子は得られない、すなわち実生でソメイヨシノを育てることはできません。

引用元 National Institute of Genetics::Research Organization of Information and Systems|公式

 

こちらもしばらく足を運んだことがないですね。とても混みますから。

敷地外側にも桜並木がありますし、構内には200種300本以上の桜の木があり他とは異なる花見を味わえます。畑にはまだ菜の花などもあるのかな?

まだ訪れたことのない方は行ってみては如何でしょうか。

周囲に民間の臨時有料駐車場などもありますが、それらもかなり混みます。運が良くないと中々駐められないかもしれません。

不馴れな方は三島駅からの無料シャトルバスを使う方が無難です。

 

楽寿園も良いところですよ。

www.fujirakuizuraku.com

国立遺伝学研究所の駐車場などの基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

国1、三島警察署近くの谷田交差点で南方向に曲がります。
一つ目の信号機を左折、すぐの信号機を右折(右折車線がすぐなので気を付けて

後は道なりに坂を登りますと桜が道の両脇に並び、国立遺伝学研究所に到着します。

公式の駐車場は用意されていません。周囲に有料の臨時駐車場が開設されていたりもしますが、初見では難しいかもしれません。

公式では車での来場を断っているのでできるだけ従ってください。

自転車だと駐輪場があるので安心ですね。

公式情報

アクセス

三島駅から遺伝研まで
三島駅からの距離 約4km
無料シャトルバス(三島駅北口⇔遺伝研)
※ 当日は市内が非常に混み合うため、三島駅と遺伝研のみの乗降となります。  安全確実な運行のためにご協力をお願い致します。

路線バス(有料)
南口5番乗り場から約20分
「柳郷地行き」遺伝研前 下車
「夏梅木行き」「玉沢・三島総合病院(社会保険病院)行き」遺伝研坂下 下車 徒歩約10分

電車
伊豆箱根鉄道 三島二日町駅 下車 徒歩約25分

タクシー
南口・北口共に約15分
所内に一般見学の方用の駐車場はございませんので、お車でのご来所は固くお断り致します。三島駅周辺などの駐車場をご利用ください。

 

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構

国立遺伝学研究所

住所:〒411-8540 静岡県三島市谷田1111

TEL:055-981-5873(当日: 6707)