イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

20日(土)に戸田港まつりが開催されます

7月20日(土)に沼津の戸田で第40回 戸田港まつりが行われます

日ロ交流

 

戸田港まつり

戸田港まつり

 

「海デビュー」の海水浴場で有名な「御浜海水浴場」は今年海水浴場ランクで最高のAAでした。ぜひ小さなお子さんとおいでください。


そして戸田の夏始まりと言えば「戸田港まつり」ですが、今では港まつり内の「プチャーチンロードパレード」&「ロシア人水兵供養祭」が大きな話題となってきました。


幕末時、ディアナ号で日ロ和親条約締結にやってきたプチャーチン提督!安政の大地震で津波に合い座礁修理のために戸田に向かい嵐にて富士沖に流され沈没、そして日本初の洋式帆船ヘダ号を建造しロシアへ帰っていった日ロ交流の原点の場所での歴史的行事を含む「戸田港まつり」!

一緒にパレード参加してみませんか?


夜は郷土演芸など一日楽しめるお祭りになっています。

道の駅くるら戸田では、「日ロ交流凱旋写真展」も開催!


戸田造船郷土資料博物館の50周年など20日土曜日は暑い日になりそうです。
たくさんの方のご来場お待ちしています。

 

戸田の夏の風物詩、戸田地区最大のイベント

戸田港中央桟橋付近において、パレードや華やかなステージイベント、海上花火大会などを楽しめる「第40回戸田港まつり」が開催されます。

 

開催日;令和元年7月20日(土)

会 場;おまつり広場(中央桟橋付近・宝泉寺など)


12:00  プチャーチンロードパレード ロシア人水兵供養祭

・来賓と関係者が、戸田港中央桟橋からプチャーチンロードを通り、宝泉寺まで歩いてパレードを行います。
・その後、ディアナ号の乗組員の墓のある宝泉寺にて供養祭を行います。


14:00  塩衣の式<えんぎのしき>

・来賓や役員が、港に感謝し、清めの塩をかぶり、魔除をして祭りの安全無事を祈願します。


15:30  商工会青年部主催;海上ダンボールレース


17:00  ステージイベント<にぎわい広場>

・へだっこセンター、戸田小学校、戸田中学校、富士山かっぽれの会、黒潮太鼓保存会による郷土芸能の披露
・沼津商業高校吹奏楽部による演奏
・戸田美凛舞などによるよさこいの演武


19:05  納涼船の運航 <最終便20時頃発は有料>

・中央桟橋からダイヤを組んで運航します。
・海上から花火を見ることができる最終便は、20時頃出航します。
※最終便のみ有料です(大人500円、小人300円)。


20:20  海上花火大会

・戸田港の海上から15分間で約800発の花火の打ち上げを行います。


20:35  塩帰の式<えんぎのしき>

 

引用元 深海魚の聖地 HEDA-戸田! 戸田地区深海魚活用推進協議会 公式ホームページ

 

 

幕末の嘉永6年(1853)7月、ロシア使節のプチャーチン提督は長崎を軍艦4隻で訪れて国書を長崎奉行に提出し、再度、翌年10月ディアナ号で下田に入港しました。

下田港に停泊中に安政東海地震が発生して津波が起こり艦は大きな損傷を被りました。それは沈没の恐れもあるほどの被害でした。

その修理地として戸田が指名され移動を始めたものの時化にあい、富士市の沖合で沈没してしまいました。

その時、現地の人々の献身的な救助により乗組員は一人も死ぬことなく救助されています。

 

500人ほどの乗組員は戸田に移動してそこで人目に触れないようにしつつ帰りの船を建造します。
とはいいましても戸田の人は人なつっこくてロシア人と随分と仲よくやっていたようです。

戸田ではロシアの技術者や日本の職人の手により日本で初めての西洋式の帆船が作られました。

ロシアの技術者などは日本の大工の木を扱う技量の高さにだいぶ驚いたようですね。

 

こうして2本マスト87トン、50人乗りの帆船が完成し「戸田号」と名付けられました。

プチャーチン提督はこれに乗り無事に帰還し、その他の乗組員もアメリアの船などを利用して帰国したり、途中で敵国に拿捕されたりされました。戸田では2名のロシア人が亡くなったようです。

そのような歴史のおかげでここ戸田はロシアと繋がりのある土地となり、日露友好のイベントが行われています。

当日は式典やパレードの他に段ボールで造った宇根で競走するなどとイベントが行われ、夜には花火も打ち上げられます。

納涼船の最終便では海上から花火を観られるようですね、とても面白そうです。

 

www.fujirakuizuraku.com

 

evetopi.fujirakuizuraku.com

 

戸田港まつりの駐車場などの基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

戸田の中央桟橋は16号修善寺戸田線の終点、戸田三差路の交差点をそのまま直進して港に出ますとその付近が中央桟橋になります。

普段はその辺りの港付近に車を駐めますが会場となってしまうのでよく分かりません。

ただ無料の駐車場を100台分は用意しているようなので、現地でお尋ね下さい。

公式情報

戸田地区深海魚活用推進協議会(HP管理:戸田観光協会)

静岡県沼津市戸田289-12

TEL:0558-94-3115 FAX:0558-94-3116

 

外部リンク 深海魚の聖地 HEDA-戸田! 戸田地区深海魚活用推進協議会 公式ホームページ