イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

本日10日(木)をもちまして本来なら富士山の全ての登山道は閉鎖されます

2020年更新

9月11日(金)から富士山閉山となり吉田口、富士宮口、御殿場口、須走口のルートは閉鎖されるはずでした

令和2年は富士登山は出来ませんでした

 

例年ですと今日が夏季の富士山開山の最終日のはずでした。

しかし皆さんご存じのように今年は新型コロナウイルス感染予防のために富士登山が全面的に禁止されました。

まぁ、それでも閉鎖をかいくぐって登る不届き者もいたようですが……

富士山は霊山なのでそう云うことはちょっとね。

 

こんな年は記憶にありませんし、歴史的にみてもどうなんでしょう?

戦時中などには登山禁止などもあったのかな?

昔ですと疫病など流行れば、それこそご利益や災厄を払うために登山していたかもしれないことを思うと、これは歴史的に見てもまれな状況ではなかったかと思います。

私たちは今、歴史に残る場面に立ち会っているのかもしれません。

嬉しくはないですが……

  

新型コロナウイルスによる騒動から半年以上経ちましたがいまだに出口は見えません。

最近の第二波かもしれない感染爆発も下火になっています。まったくこれも個々人の意識と予防による成果ですね。

つまり気が緩めば再び増加傾向になるだろうし、それは間違いなく訪れるでしょう。

しばらくの間はその繰り返しです。

この状況はいつ終演するのか、来年は富士山は開山されるのか……

疑問に思うことは多々ありますが何とか皆無事に乗り切りたいものです。

 

 

9月11日(水)から富士山閉山となり吉田口、富士宮口、御殿場口、須走口のルートは閉鎖されます

※2019年情報

富士山閉山

 

富士山閉山2019

富士山閉山2019

 

登山道によって開通期間が異なります!
2019年の富士山登山道開通期間は次のとおりです。
なお、登山道等の開通日及び閉鎖日は、残雪状況や気象情報等により変更となることがあります。
 
 ルート
吉田ルート(山梨県側) 7月1日(月) 〜 9月10日(火)
下山ルートは9月11日の午前中まで通行可能

須走ルート(静岡県側) 7月10日(水) 〜 9月10日(火)  
御殿場ルート(静岡県側) 7月10日(水) 〜 9月10日(火)  

富士宮ルート(静岡県側) 7月10日(水) 〜 9月10日(火)
5合目~6合目間は6月13日9時より開通

山頂【お鉢巡り歩道】 7月10日(水) 〜 9月10日(火)  

 

富士登山オフィシャルサイト

 

 

今年の富士山は出だしからちょっと躓いていましたね。

吉田口の山頂付近が崖崩れで開通が少し遅れました。
あの段階ではそれでもよく他の登山道の開通に間に合わせたものだと思いました。

しかし今年は7月は雨が多く、8月の頭には暑く晴れたものの台風の影響か、湿った空気が入り込んで来ることが多かったのか、山頂が顔を出す日が例年に比べて少なかったような気がします。

お盆の頃にはまた台風が来たりして回復は見られず、開けてからようやく時々顔を出してくれる日が出てきました。


元々夏場に富士山が一日中山頂まで見えている日はまれです。

それでも朝夕の少し気温の低い時間帯には見やすいのですが、本当に今年の富士山は一日中見えないことが多かったです。

これでは雨中を登った人も多いだろうし、諦めた人もいたかもしれません。
まさに天候に任せての登山ですので仕方ないのですが、それでも今年の登頂率はかなり低いのではないかと気になります。


さらに今年は8月の下旬に山頂付近で落石のため命を落とした方が出てしまいました。
まだ20代のロシア人女性だったようですね。わざわざ日本まで来て富士登山をなさったのに……お悔やみ申し上げます。

先にも書いたように今年の開山前に吉田口の山頂付近が崩壊していたのを修復しての登山道の開通でしたのでちょっとヒヤリとします。関連性はないみたいですけど。

どんなに気をつけていても何がおきるのかわかりませんし、山の上では普段よりも目に見えない危険度が高いことを改めて認識させられました。


夏山シーズンの修了と共に富士山の登山道は閉鎖されまさす。
道中に張られた綱なども冬に備えて撤去されたり、人の目も少なくなり危険度はさらに上昇します。

5合目周辺のハイクなどはまだまだ可能です。それなりに山も賑わっているものと思います。
しかしこれからの時期は軽い気持ちで富士山頂に登るような行為はくれぐれもおやめください。


最後に山の話として、登山中に「ラーク!」と言う叫びが聞こえたら注意です。
ラークとは落石のことを意味していて、それを周囲に知らせる合図です。その声が上から聞こえたときは本当に危険ですので物陰に隠れるなど迅速な対応が必要です。
また自分が誤って落としてしまった、あるいは目撃した際も、できるなら下を歩く者に合図してください。
一緒に山を登っている人たちは互いに他人であっても一蓮托生の仲間でもあります。お互いに気遣って山登りを楽しみましょう。

 

またこれに伴いマイカー規制が解除されます。
富士スカイライン、スバルラインで5合目まで車で行けるようになりますので、気軽にドライブなどを楽しみたい方は遊びに行ってください。

 

www.fujirakuizuraku.com

 

公式情報

 

外部リンク 富士登山オフィシャルサイト