イベとぴ ~ふじ楽いず楽~

ふじ楽いず楽の富士山周辺と伊豆のイベント、トピックスを紹介するブログです

10月12日(土)から朝霧アリーナで開催の“It’s a beautiful day” Camp in 朝霧JAM 2019は中止

「朝霧JAM 2019 」開催中止のお知らせ

 

「朝霧JAM 2019 」開催中止のお知らせ

「朝霧JAM 2019 」開催中止のお知らせ

「朝霧JAM 2019 」開催中止のお知らせ

2019年10月12日(土)、10月13日(日)朝霧アリーナにて開催を予定しておりました「朝霧JAM 2019」は、台風19号の接近に伴う悪天候が予想されることから、お客様の安全を第一に考慮して開催中止とさせていただきます。

公演を楽しみにお待ちいただいたお客様には多大なご迷惑をおかけしますことを、心より深くお詫び申し上げます。ご理解の程、何卒、よろしくお願い申し上げます。


朝霧JAM実行委員会
(株)スマッシュ
(株)ホットスタッフ・プロモーション

お手持ちの公演チケットにつきましては、チケット代の払い戻しをさせていただきます。
払い戻し期間 2019年10月15日(火)〜2019年11月29日(金)
払い戻し方法 お買い求めいただいたプレイガイドにて払い戻しいたします。
※払い戻し期間を過ぎますとチケット代の払い戻しが行えなくなりますので期間内にお手続きをお願いいたします。

 

引用元 朝霧JAM 2019 - It's a beautiful day

 

週末の台風の影響で朝霧JAMが中止と決まりました。
朝霧JAM始まって以来のことですね。

キャンプイベントなので、まさか台風の最中にやるわけにも行きませんからこれは仕方のない判断ですね。
テントが飛びまくったらシャレになりませんよ。
機材なんかも屋外イベントで濡れると面倒ですし、構造物も崩壊する危険も出てきますので納得です。
運営はよく早めに決断しましたね。


でもこれで台風が上陸しなかったら恨みますねぇ……
来ても嫌なんですが。


チケットの払い戻しも行われるようなので、詳しいことは公式サイトでご確認ください。

 

10月12日(土)13日(日)に富士宮の朝霧アリーナで“It’s a beautiful day” Camp in 朝霧JAM 2019が行われます

キャンプと音楽の融合

 

“It’s a beautiful day” Camp in 朝霧JAM 2019

“It’s a beautiful day” Camp in 朝霧JAM 2019

 


朝霧JAMとは

富士山麓に広がる緑豊かな朝霧高原でキャンプをしながらライブを楽しむ。

まさに富士山と共に寝起きする、至福のオール・キャンプ・イン・フェス。

「JAM」には、「ジャンルレスに様々なミュージシャンが集い、皆で楽しむ」という意味が込められています。

 

 

RAINBOW STAGE / MOONSHINE STAGE 出演者

BADBADNOTGOOD

BIM

BOHEMIAN BETYARS

cero

CORNELIUS

GILLES PETERSON

ハナレグミ

HARVEY SUTHERLAND (SOLO LIVE SET)

HOT CHIP

HOTHOUSE FLOWERS

JAMILA WOODS

KIEFER

幾何学模様

MEN I TRUST

MONO NO AWARE

OGRE YOU ASSHOLE

折坂悠太(合奏)

PENGUIN CAFE

くるり

SAFEPLANET

TAMIKREST

THE ALEXX

T字路s

VaVa

ザ・ぶどうかんズ from シャキーン!

 

CARNIVAL STAR

Asakusa Jinta

CHANT DOWN BABYLON (from Nagoya)

Cumbia Kid

DJ HADI

DJ TXAKO (Japonicus)

Drew

藤井悟 aka SATOL.F (Caribbean Dandy)

Fujirockers DJ Battle - Hanasan vs Nozomu

桑田研究会バンド(サザンオールスターズトリビュート)

NAOKI IENAGA (DUBSTORE RECORDS)

oriön

Saku Yanagawa

Sicilian Connection - Carlo, Junji, Sakana & Keita

TETZ MATSUOKA a.k.a PRINCE MATSUOKA
(Club Ska・Caribbean Dandy)

The Worthless

YOSUKE (BAOBAB)

 

ピックアップ!

音楽ライブはもちろん、たくさんの楽しさをご紹介。

富士山

キャンプ

ファミリー&KIDS

ペット

フード

ワークショップ

マーケット

朝霧JAMS'

デコレーション

LOVE&PEACE テント

焚き火

ピーターパンCafé

引用元 朝霧JAM 2019 - It's a beautiful day

 

 

イベとぴでもキャンプフェスや音楽フェスは紹介していますが、音楽フェストとキャンプの融合したイベントではこちらが一番本気度の高い物ではないでしょうか。

 

朝霧JAMは2001年から開催されていますので、朝霧ではもうおなじみのイベントですね。

野外で行われる音楽フェスですとフジロックやこの地域ですとSPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWERが有名ですし、その規模はとてつもない物ものです。
それに比べれば朝霧JAMは比べるまでもなく小さなイベントです。

 

とはいいましても観客動員数は24000人ほどにはなりますからけっして侮ることはできません。

そもそも参加アーティストの顔ぶれがこれまたなかなか豪華でその本気度は音楽好きにも十分過ぎるほど楽しめるものです。

でもこちらのフェスの売りは何と言ってもオール・キャンプ・イン・フェスであると言うことではないでしょうか。

キャンプを楽しみながらフェスを楽しむイベントであり、キャンプをすることが基本の音楽フェスなのです。

 

ステージのあるアリーナにもキャンプサイトが設けられていて、テントにいながらフェスが楽しめてしまう、そのキャンプと音楽の近さは並々ならぬものです。

そのため普通の野外フェスとも雰囲気が異なり、音楽とキャンプを愛する人々が集結して不思議な、そして魅力的な雰囲気を醸し出しているイベントです。

 

もちろん音楽は好きでもさすがにステージ真ん前はちょっと、と思う方もいると思いますが、こちらのイベントでは近くのふもとっぱらもキャンプサイトになっていてシャトルバスでステージとの間を繋いでいます。

キャンプをメインに楽しみながら、好きアーティスト達のステージだけを見たい方にはこちらの方が落ち着いていていいかもしれませんね。


この時期ですと晴天率は割と高めなので富士山もよく顔を出してくれます。
キャンプをしながら朝焼けの富士山も夕焼けの赤富士も雄大な自然の中で眺めることができます。

そこに一流のアーティストの音が加わるのですから、その特別さは別格です。

普通の音楽フェスやキャンプフェスでは味わえない特別な空間がそこにありますよ。


こちらのイベントももうじき二十周年も控えていますね。
フジロックでは二十周年に中学生以下の入場料を無料にしていましたが、こちらはどうなんでしょう。
まだ先ですが、子供のいる家庭はちょっと期待してもいいかもしれませんね。


参加されない方も、当日は139号を歩いて渡る人たちもいるので車などで通行する際は気をつけてください。

 

www.fujirakuizuraku.com

 

“It’s a beautiful day” Camp in 朝霧JAMの駐車場などの基本情報

地図

近隣からのアクセス

139号を富士宮市街地から登って行き、ドライブインもちやを通り過ぎると上り坂があり、登り切る直前に右車線が現れるのでそこで右折して奥に行きますとアリーナです。

ふうもとっぱらはもう少し先に看板がある左折する場所がありますので、そこを入ってください。


駐車場は公式が決めた場所を利用してください。

公式情報

お問い合わせ

SMASH 03-3444-6751

HOT STUFF 03-5720-9999

外部リンク 朝霧JAM 2019 - It's a beautiful day|公式

 

www.fujirakuizuraku.com